「視覚探偵日暮旅人」主題歌がこんなことにw


「視覚探偵日暮旅人」主題歌がこんなことにw 今回は気になるドラマ「視覚探偵 日暮旅人」の主題歌を調べてみました!!山口幸三郎さん原作の“探偵・日暮旅人シリーズ”「視覚探偵 日暮旅人」人気シリーズものなので、ファンとしては見逃せないですよね?前回の“探偵・日暮旅人シリーズ”から監督、キャスト陣は引き継がれるとのことですので、今回はどのように表現なさるのか楽しみです。では、話題中の話題作ドラマ「視覚探偵 日暮旅人」の主題歌もろもろご紹介します!

スポンサーリンク

「視覚探偵 日暮旅人」あらすじは?

シリーズ累計50万部を突破している“探偵・日暮旅人シリーズ”の「視覚探偵 日暮旅人」豪華キャスト陣で始まります。今回は“視覚”って具合なので、それに関するストーリーが展開されるわけです。

 

『僕・・・・視えるんです』

 

“聴覚・嗅覚・味覚・触覚”の五感のうち四つの感覚を喪い、唯一残った視覚をで事件を解決していく主人公、日暮旅人(松坂桃李)彼は匂い、味、感触、温度、重さ、痛みをほかの人が見ることが出来ない感覚で見ることが出来ます。

 

彼がもつ、その研ぎ澄まされた視覚が物語のカギでもあり、物語の味を深めてくれる要素です。そんな彼の事務所に舞い込む依頼は“ワケあり”なものばかり。 でも一番“ワケあり”なのは、日暮旅人本人だったりww さて、この物語で目に見えないものを“視る”彼が探すものは一体何なのでしょうか。

 

「視覚探偵 日暮旅人」の主題歌は?

 

今回のドラマ「視覚探偵 日暮旅人」の主題歌といいますか・・・。 厳密には主題歌は発表されてないんです。テーマ曲は発表されていますが、もしかしたら無いバージョンかもしれませんねw

 

追記☆☆

Anly+スキマスイッチ=で、「この闇を照らす光のむこうに」に決定~(^^♪

ここでは松坂桃李さんも映っています♪その主題歌を発見!!したので見てみたら面白いと思います~!!!

↓↓クリックしてみてください(^▽^)/

⇒「Anly+スキマスイッチ=」の主題歌を見る

 

Anlyさんと松坂桃李さんは同じ事務所なんですね♪これはエンディングだったのですが、主題歌の方はこちら!そのテーマ曲がこちらです!!井上陽水さんの“夢の中へ”です!知る人ぞ知る超がつくほどの人気アーティストの、これまた人気曲。 もちろん知っていますよね♪

♬ 夢の中へ 夢の中へ 行ってみたいと思いませんか? ♪

この曲は作詞作曲とも、井上陽水さんが手がけています。渋いおじ様たちが後ろで演奏してるのも印象的で、なんといっても井上陽水さんの歌声がハスキーで色っぽいところが、ファンにはたまりませんねw

全体的に明るめでノリがいい曲なのですが、本作のドラマ「視覚探偵 日暮旅人」と一緒に聴くとどんな感じなのでしょうかwなんだか今からワクワクしてきます♪

夢の中へ、の曲がどんな背景を映し出すのか今から想像してしまうのでした・・・w

「視覚探偵 日暮旅人」の動画を無料で見られるサイトはこちらです!

最終回までに復習して日暮旅人を味わっておくのも楽しそうです♪

クリック↓↓
⇒「視覚探偵 日暮旅人」動画を無料で見る
国内有数の動画配信サービスですぐ登録できるので安心です。
無料期間2週間内の登録解除も簡単にできます!

 

「視覚探偵 日暮旅人」の主題歌発売日は?

音楽を聴く に対する画像結果

ドラマ「視覚探偵 日暮旅人」主題歌の発売日・・・。主題歌の・・・・。 というかテーマ曲。えっ?もう1990年代に発売されてますよね?えぇ、そうです。

この曲は井上陽水さんの青春時代に発売されましたw私なんてまだ生まれてないっていう・・・。でも気づいたら知らずに口ずさんでいるという・・・。日暮旅人ではないですが、なんとも不思議な現象です。

今までも、これからも、色んな年代の方に愛されていく曲だと思います。“夢の中へ”は1973年にシングルが発売され、今では多くの歌手がカバーされるほど時が進んでしまいました。人生を感じる曲です!w

 

ライブでよく歌われる曲ですが、やっぱライブって歌声がその時その時違うので、いいですよね(YouTube情報)しかし、1時間も2時間も皆さんずっと腕を上げて手を振って・・・。 とノリノリですが、絶対次の日は腕上がってないですよね。

スポンサーリンク

「視覚探偵 日暮旅人」見どころは?

 

やはりドラマ「視覚探偵 日暮旅人」のみどころとしては、やはり原作が小説ということもあるので、小説・探偵シリーズってことで、ミステリアス&独特な世界観が魅力だと思います。漫画と違って小説が成せる業というものが、文字の創造性なんです!作者の世界観、感性がすべて活字だけに注ぎ込まれています。

いろいろな技術が求められるのが漫画ですが、小説は世界観を文字だけで表現します。文字一つ一つが世界を作るんです。これは革命ですよね!

 

このドラマは原作の小説とは少し違うようです。前のスペシャル版の方は灯衣が行方不明となり旅人が失明を宣告されたところで終了しています。果たして、灯衣は無事に見つかるのでしょうか?

 

旅人は唯一残った感覚である視覚まで失ってしまうのか見どころですね。余談ですが、口下手の私は文字で表現することのほうが好きです。熱くなりましたが、ご清聴ありがとうございました!

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です